久々の中国(シンセン)

先日、知人の結婚式で久々に中国・シンセンに行きました。シンセンは10年程前に行ったと思うのですが、地下鉄が通り、高層ビルが立ち並び、この10年間に大きく変わったんだろうなと容易に想像できました。

c0039587_16575495.jpg
シンセンといえばこの看板、鄧小平の南巡講話から改革開放が進められていきました。
看板には党を堅持する基本的路線は百年間揺ぎないと書かれています。

c0039587_16565626.jpg
元気寿司のようですが、違うようです。香港の影響か、日本料理も流行っているようでした。

c0039587_1659748.jpg
りんご体験中心とあります。英語だとapple experience centre ですが、本家ではないようです。

c0039587_1658343.jpg
シンセンではすでに地下鉄が走っています。これが切符でした。中にICチップが入っていて、改札に入るときはタッチするとドアが開いて、改札をでるときは投入口に入れるとこのコインが回収されドアが開くようになっていました。ちなみにシンセンの地下鉄ではこの切符を買うときに5元より大きなの紙幣は投入できないようになっていました(もともとはそれ以上の紙幣も投入できる)。偽造紙幣対策か、機械の故障かわかりませんが何か理由があるようです。

c0039587_16562654.jpg
シンセンから香港に抜けるときには今も国境のようなものがあり、そこを通る必要があります。24時間開いている場所もあるのですが、私は朝6:30に開く福田口岸ということころに開門時間の前に行きました。

c0039587_16572288.jpg
朝6:30めがけて続々と人が集まってきます。

c0039587_1792558.jpg
シンセン側、香港側のボーダーを抜けるとすぐに香港の地下鉄の落馬洲駅です。改札の前に紅衛兵のモニュメントがあるのは、中国から来た人に何か訴えかけているのでしょうか。
[PR]
# by yugoyougo | 2011-11-13 17:28 | Culture

海南雞飯食堂春聯2011(My original)

http://www.route9g.com/azabu/1795/

橫批:海南雞飯食堂
上聯:一客味歡通廣海
下聯:人潮到堂樂口福

Spring couplet of Hainan chicken rice restaurant, 2011
At Hainan chicken rice restaurant,
A customer would be glad for the taste and the news would be known in the wide oceans.
Then wave of customers come to restaurant and they enjoy the happiness of eating.

春聯裏邊有含新加坡華僑五大方言集團的頭文字, 1福(建), 2潮(州), 3廣(東), 4客(家), 5海(南). 新加坡料理是中華料理和馬來,印度料理融合在一起而造出其特色.此中華料理之中, 尤其是這些五大方言集團之出身地區的菜食對新加坡料理所給與的影響十分大.
[PR]
# by yugoyougo | 2011-02-18 00:26 | Food

對聯 2010

春风送暖人人欢,福气临门家家乐。

あまり考える時間はありませんでしたが今年の春節はこれでした。
来年また考えます。
[PR]
# by yugoyougo | 2010-04-24 02:11 | Culture

對聯4

先日考えた對聯(dui4lian2)が海南鶏飯食堂に飾られました。

http://www.route9g.com/azabu/264/

1年に1個考えたいですが、結構大変です。。。

お時間ある人は見に行ってみてください(笑)。麻布店です。
お店の人達はいい人ばかりです。
[PR]
# by yugoyougo | 2009-02-01 20:32 | Culture

抵制日貨

2005年4月14日に書いたが、敢て非公開で保存してそのまま忘れていた文章。
こんなブログももう5年目になるのか。
なぜ春になるとデモが起こるのか、に関しては誰に聞いたか忘れてしまいました。

---------------
中国で起こっている日本製品不買運動。
それがエスカレートして大使館に投石、ジャスコに投石。日本車を破壊。

中国に留学していた者として最近よく周りの人にどう思ってるのかを聞かれますが、
中国人は過敏になりすぎ、日本人は関心を持たなさ過ぎであると思います。

歴史に関しては完全な証拠がない以上、自分はどっちが正しいと言うことはできません。
日本で受けた教育は日本に有利に書かれているかもしれないし、中国で中国人が受けている教育もまたそうであるはずです。ただ、そこに気づくことができる分、日本は思想に関して自由なのかなとも思います。島はどちらの領有かとの問いには学者によっても意見は分かれます。中台関係、日中関係、日韓関係も特に若い人たちはお互いあいまいなままずっと行くのが一番いいと思っていると思います。それは根本的な解決にはならないですが、無理にどっちか決めつけようとすると今回のようなことになってしまいます。お互い常に譲る心を持っていればこのような事態にはならないと思うのですが、それは平和な日本だからこそ言えることでしょうか。

日本製品を買わないと言っていますが、彼らが中国で破壊している日本製品は中国人が中国の工場で生産したもの。それを彼ら自身で破壊してると思うとなんだか哀しい。中国人経営の日本料理店が破壊されたり、中国人の所有する日本車が車がひっくり返されてぼこぼこにされたり。上海で日本人学生がビール瓶で殴られたそうですが、それも怒りの矛先を向ける場所が違うのではないか。中国で今回の件があったからといって日本人は日本にいる中国人を軽蔑するだろうか。そうではないと思います。そういう行動をする人は日本でも中国でも一部の過激な人たちであると信じたいです。

中国政府の人民の日本への猛反対を日本に見せるという思惑があったとしても、中央電視台(CCTV)や、新聞ではデモのニュースが一切流されないなかでインターネット・メールというツールだけで中国各地で多くの人が反日運動に参加、これまでの大事態に発展したということは中国政府にとっても想定外だったと思います。中国ではいつでも押さえつけられたエネルギーがくすぶっていて、政府に対して発散することができないため、たまたま今回日本というちょうどいい攻撃対象ができたからという意見もあります。今回政府にとっても人民をコントロールしきれなかった部分が露呈してしまいました。この矛先がいつぞや中国政府に向くときが来るのでしょうか、それとも中国自ら変わっていくのでしょうか。

一説によると、「歴代の指導者が亡くなった年の春になるとデモが起こる」と言われています。
今年は1月に天安門事件の際に学生を支持する発言をし失脚した趙紫陽が亡くなり、それが引き金になったとのことです。なぜ春かというと冬は寒くて外に出たくないからだそうです^^
[PR]
# by yugoyougo | 2009-02-01 20:00 | Culture

東南アジア華人社会と中国華僑

<東南アジア華人社会と中国僑郷 / 山下清海 著>

この本の著者の"チャイナタウン"という本を読んで以来、チャイナタウンに取り憑かれている。人の移動と、それに伴う文化の移動、移民同士の助け合い、現地の文化との融合、そのダイナミズムの結果としてある、いろいろな地域の現在の姿を見るのが面白い。

シンガポール華人は方言集団ごとににゴム取引は福建人、米や生鮮食料品の流通は潮州人、コーヒー店の経営は海南人や客家人とそれぞれが従事していたのだそうだ。タイには潮州人に由来する華僑が多く、アジア食材屋で売っている調味料にはタイ語が書かれているものが多いのも関連があるのだろうか。

韓国明洞にある中国大使館は、韓国が中国と国交を樹立する1992年(最近!)以前は台湾の中華民国大使館だった。その隣には漢城華僑小学・付属幼稚園がある。ここでは以前より台湾の教科書を用いて授業が行われているそうだ。現在ではお隣同士、うまくやっているのだろうか。日本が中国と国交を樹立した1972年よりも20年も後の1992年に中国と国交を樹立し、現在では日本以上に留学生を送り出している韓国の留学熱にも圧倒される。

東南アジアに移住した華人は華僑の伝統的な居住形態を移住先でも展開した。東南アジアのチャイナタウンの景観を特徴付けているショップハウスやその連続した軒下である五脚基(華南アジアでは騎楼と呼ばれる)がよい例とのこと。以前読んだ本ではチャイナタウンの五脚基(騎楼)はヨーロッパから持ち込まれたもの、更にそれが中国に持ち帰られた、と書かれてあった。どちらが本当なのだろうか、気が向いたら調べてみたい。

東南アジアに限ったことではないが、一品の料理でも歴史、社会的背景、地域の自然条件、などを反映している。それが料理の醍醐味だ。

日本のように生まれてから死ぬまで同じ場所にいるのが常識だと思っていたが、本で読んだ以外にも日本を基盤にして生活する中国人、中国に留学し事業を興す韓国人、それ以外にも様々な友人・知人と出会って感じたが世界は思っていた以上に流動的なのだ。
[PR]
# by yugoyougo | 2009-01-28 23:49 | Essey

横浜中華街

<日中「アジア・トップ」への条件 謙虚になれ中国、寛容になれ日本 (朝日新書) / 莫邦富>

文革時代に下放になり黒龍江省で青年時代を過ごし、現在は日本を拠点に日中に関して意見を発信する筆者、そのどちらにも偏らず正論を述べる姿勢が新鮮だ。横浜の中華街はどの店でも麻婆豆腐やエビチリ、ギョーザ、杏仁豆腐の年中変わらないメニューだ。そしてどの店でも店頭で売る巨大な肉まん。中国にはまだまだおいしい、魅力のある料理がある。なのにその発信地になっていない。発信地になっているのは最近増えてきた街中の火鍋屋だったり、中華料理屋だったり別の場所だ。横浜中華街は中華料理の情報発信地になるべきだ。とのことである。

改めて思い返してみると、高校の行事でも行った覚えがあるが、いかにも中華料理というものばかりだった気がする。華僑の情報の収集・発信地となる一般的な"チャイナタウン"とは違い、横浜中華街はその役目を終え、昔からの姿を残し続けているだけなのかもしれない。

中華文化圏とのリアルタイムなゲートウェイとしての"チャイナタウン"か、横浜中華街がチャイナタウンとしてその役目を全うしていたころの姿を残す"中華街"か、横浜中華街が目指すべきはどちらだろうか。
[PR]
# by yugoyougo | 2009-01-28 22:22 | Culture

對聯3

先日の對聯

四海來料味諧調
(Si4 hai3 lai2 liao4 wei4 xie2 tiao2)
四つの海から食材が集まり、味が調和する

五洲聚人臉皆笑
(Wu3 zhou1 ju4 ren2 lian2 jie1 xiao4)
五つの大陸から人が集まり、顔は皆笑っている

交易もしくは植民地支配により、当時海路でもたらされた、世界各国の食材は現地で調和し、今のシンガポール料理となっている。今でも国際都市として名を馳せ、世界中のグルメが集う街となっている、というシンガポールを象徴した内容です。

ポイント
1."四海"、"五洲"、"五洲四海" で世界中という意味
2."來"は来る、"聚"は集まる、で似た意味
3."諧"、"皆"どちらも皆という漢字が含まれる
4."諧調"、"皆笑"が同じ母音"_ie"、"_iao"で韻を踏んでいる


自分で書いた絵画に自分で説明文(賛)を入れることを自画自賛というそうです。。。
[PR]
# by yugoyougo | 2009-01-27 20:50

組み立て型とすり合わせ型

台湾・中国はパソコン、特にデスクトップ型パソコンのような組み立て型(モジュール型)産業が得意であると言われている。日本は自動車のようなすり合わせ型(インテグラル型)産業が得意であると言われている。組み立て型は組み合わせた部品の性能の合計がそのまま製品の性能になる。内部の各モジュールはどのようなものにするのか、外装のデザインはどのようにするのか、それぞれ別に検討すればよい。すり合わせ型は組み合わせた部品の性能がいいからといって、製品もいい性能のものになるとは限らない。それぞれの部品が互いに影響を与え合い、その組み合わせ方によって製品の性能は良くも悪くもなる。自動車であれば、安全性、デザイン、価格、燃費、環境への影響等、いろいろなことを同時に考えなければならない。そこで、製品を理想のものにするために、どんな材質の、どんな形状の部品を使うか、どのように組み合わせるのが最もいいのか試行錯誤するというすり合わせ作業が必要になる。

確かに日本人はこういったすり合わせ作業を得意としている。日本が国際社会で生き残っていくにはこのような日本ならではの強みを活かしていかなければならない、との主張もある。では中国はどうだろうか?漢字を組み合わせ、意味も深く、韻を踏んでいる漢詩や、材料、調味料、火加減、調理法等、様々な条件を組み合わせた中国料理、微妙な上薬の配合や温度条件で焼きあがる焼き物等、これらはどれも組み立て型というより、すり合わせ型ではなかろうか。どれも師匠から弟子に代々受け継がれてきたものである。質より量の大量生産の時代から、いつか中国が質を追及するようになったとき、どのような強さを発揮するのだろうか。

中国では会社を辞め、独立しようとする人が多いという。株式市場も大勢の人が一斉に買い、一斉に売る。短期的利益を求める傾向があるのも事実だろう。短期的な利益を求めるのか、コツコツとすり合わせ型産業を発展させていくのか、それとも分業して両立させていくのかは中国政府の旗振りにかかっている。日本もうかうかしていられない、かもしれない。
[PR]
# by yugoyougo | 2009-01-27 19:14 | Essey

對聯2

池袋の四川料理屋のメニューに書いてあったもの。
あまり深い意味はなさそう。二つの文が呼応していないので、そもそも對聯ではないのかも。
c0039587_22325451.jpg

渋谷の中華料理屋の入り口に飾ってあったもの。
四時と萬里が呼応しているのかなという以外何て書いてあるかさっぱりわからない。
c0039587_22324367.jpg
[PR]
# by yugoyougo | 2009-01-25 22:40 | Essey